不動産任せにせず、流れを知ってよりよい条件で売れる工夫を行おう

住み慣れた家を売る、というのは、人生でそんなに何度もあることではありませんね。

 

とはいえ、転勤や、家族が増えたり逆に減ったりしての住み替えなどでマイホームを手放す必要が出てくるケースもあります。

 

家を売ることは買うより難しいともいわれています。

 

60秒簡単一括査定はコチラ

 

家を売る方法

 

まず家を売る方法ですが、不動産会社に依頼する場合、「仲介」と「買取」の2種類の方法があります。「仲介」は不動産会社が売主に代わって買主を探して売買契約を成立させます。「買取」は不動産会社が買主として物件を購入する方法です。仲介のほうが高く売れますが、時間はかかります。

 

一番のポイントは仲介や買取を行ってくれる不動産選びですが、なにもかもを不動産任せにするのではなく、自分でもあらかじめ「自分の家・土地の相場」を知ることで、より希望にそった条件で納得した取引ができます。

 

ローンや購入資金などの関係で「これくらいで売りたい」という希望もあるでしょうが、中古住宅を新築住宅よりも高値では売るのは難しいわけで、大体の目安を把握しておくことが早期販売には大切です。また売却時には仲介手数料をはじめ意外とお金がかかるので、売却費用の概算も計算にいれておきましょう。

 

 

不動産選びの基本

 

不動産選びでは必ず複数の不動産会社に家を査定してもらうことが基本です。業者によってかなりの差がある場合もあります。不動産業者によっては得意・不得意物件がありますし、他の案件との関係などで売り出し価格が不動産会社により異なるケースもあるためです。

 

また大きな取引で長期間のつきあいになる可能性もあるので、担当者との相性も重要になってきます。

 

査定金額に納得したらいよいよ仲介契約です。その仲介にも「一般」「専任」「専属専任」の3種類があり、メリット・デメリットがあるので把握しておきましょう。契約をしたら不動産が宣伝や広告などで買主を捜します。

 

売主は内覧への対応を行います。条件によって長期化する場合も多々あります。必要に応じて価格交渉にも応じること我も止められます。

 

売買契約が成立し、手付金を受け取ったら売買代金と諸経費を清算、買主に引き渡しで終了します。こうした流れを知っておくことで、コストや時間的なロスは少なくなります。

 

とある不動産売却の体験談

・安くでもいいので早く売りたいです
新しく、戸建を購入することになったので、今住んでいるマンションを売却することになりました。
購入した不動産屋に、売却をしてくれる不動産査定のサービスを紹介してもらい、マンションの査定をしてもらったのですが、思っていたような売却価格にはならず、ローンの残債より、マイナス200万円ほど足が出てしまいそうでした。最近は、近所で安いマンションの販売があったり、一斉にマンションを売却する人が増え、なかでも、急いで売却したい人が、相場価格よりはるかに下回る価格で売り出しているせいで、どんどん相場が下がってしまっていました。

 

その中でも、頑張って高値で出している部屋もあるのですが、見ていると、販売開始してから一年近くたっているのに、まったく売れる気配がありません。仕方なく、うちも、希望価格から200万円ほど下げた金額で販売することにしました。いつまでも残っていると二重ローンになってしまうし、ローン以外にも、管理費や積立金をはらわなければならないので、とにかく早く売れてほしいです。

 

60秒簡単一括査定へGo >>>