意外とかかる手数料はあらかじめ把握しておこう

家を売却する場合、さまざまな経費や手数料がかかります。住宅ローン残債がある場合、もし同額で売れたとしてもその金額がそのまま受け取れるわけではないので、注意が必要です。

 

まず最初に不動産会社など仲介会社を通じて住宅を売買する際には「仲介手数料」が生じます。売買契約が成立したときに支払う手数料で、売却にかかる費用の中ではもっとも高額です。これには上限が決まっていて、「取引価格×3%+6万円+消費税」の金額までとなっています。目安として3,000万円で売れれば約100万円の手数料となります。

 

上限以下であればいくらでもよいので不動産会社によって手数料に差があります。基本は上限一杯のことが多いのですが、不動産会社もより有利な取引を行うために、価格を下げて提案するケースもあるからです。

 

家を売る際に発生する様々な料金

 

不動産会社が買い取る場合は「仲介手数料」は必要ありませんが、不動産業者の転売リスクや転売利益等の購入諸経費分だけあらかじめ差し引かれる場合が多いので、仲介の場合より売主にお渡す金額が少なくなります。

 

この他にも、売買契約書を取り交わす場合の「印紙代」、住宅ローンを借りている場合に金融機関が設定している抵当をはずすための「抵当権抹消費用」、住宅ローンが残っている場合の「繰り上げ返済手数料」、登記手続きを行う司法書士への「司法書士報酬」なども個々の売却条件に応じて必要です。

 

家が高く売れて利益が出た場合

 

家が購入時より高く売れて利益が出た場合には「譲渡所得」として所得税と住民税も課税されます。逆に購入価格より低額でしか売れず損した場合は、還付を受けられることもあります。

 

また新しい新居に引っ越す場合「引っ越し費用」も忘れてはいけませんね。遺産などで相続し引っ越しが生じない場合でも、不用品の処分代は必要です。購入時に登記された氏名や住所に変更がある場合の「住所・氏名変更登記費用」、印鑑証明書など各種必要書類の取得費用なども予定しておきましょう。

 

その他にも家を解体して更地にして売却する場合の「解体費用」、土地の面積を実測するための「測量費用」や「境界確定費用」などが必要に応じてかかります。

 

各種手数料は不動産の種類や売却する際の状況、売却価格などに応じても違うので、事前に大体の金額を把握したうえで、不動産会社等に確認しておきましょう。