業者によって査定額の差大、ただし査定額が高いだけなのは危険

家を売る際に、あらかじめどれくらいで売れるのか相場を知ることは非常に重要です。

 

実際にまだ売る気がなくても、いざと言う時のためにも「どれくらいで売れるのかな?」という興味を持ってる方は多いのではないでしょうか?大切な資産価値をきちんと把握しておくことは重要ですよね。

 

大体の相場は、不動産の査定サイトでも調べられますが、きちんとした金額を見積もってもらうには、実際に不動産会社に査定をうける必要があります。不動産会社によって査定基準やベースにしている情報ソース、また売却先のネットワークなどによって、査定額には大きな差が生じる場合があるので、複数の会社に査定依頼を出すのが原則です。

 

一社だけだとその金額が妥当なのかどうか判断できませんし、競争原理が働かないので、仲介手数料含め損をするおそれもあります。査定は基本無料な会社が多いので、条件を比較できるよう複数の査定を受けてください。

 

口コミなどの体験談でも不動産会社によって10%前後の差があることが報告されています。元が大きな金額だけにこの差は見逃せませんね。

 

物件価格の査定について

 

物件価格の査定は、成約事例や市場動向などの市場データをもとに、財団法人不動産流通近代化センター発行の「価格査定マニュアル」を使って行われることが基本なので、どの不動産業者に査定依頼をしてもそれほどの差異は生じません。

 

差が生じるのは不動産業者のデータの読み方、売買能力や手数料面での配慮となってきます。また、事故物件など何らかのマイナス要因やリスク要因がある家の場合には、それをどう対処するかでも査定価格に影響が出がちです。

 

ただし、“査定が高額な不動産=いい不動産”というわけではありません。高い査定価格であっても実際に売れるかどうかは別なので、その業者の査定が間違っている場合、いつまでも売れ残ってしまうリスクもあるからです。

 

特に会社や担当に実績がないと「媒介契約を取ること」だけが優先され、家を売ることが二の次になるケースも。また多くの不動産に査定依頼を出すと、それだけ営業の売り込みも増えるので、依頼しすぎるとその対応に追われる場合もあります。それを避けるためには不動産会社選びも大切になってきます。