複数の不動産屋の中から最適なパートナーを見つけよう

家を売る、というのは人生でもそんなに起こることはありません。

 

金額も大きく、その後の人生にも影響が出やすいだけに、失敗しない不動産屋選びが非常に重要です。基本は、ひとつの業者だけに頼るのではなく、複数の不動産屋に査定額を出してもらうこと。

 

それによって大体の相場がわかりますし、情報収集もでき判断基準が明確になるので、売り時や条件など取引をよりスムーズに進めることができます。

 

不動産屋の販売力次第で違いが出てくる

 

査定は財団法人不動産流通近代化センター発行の「価格査定マニュアル」がベースになり、そこに不動産屋独自の実績や経験値が加わり、市場動向などの分析も加わって額が決められます。ベース金額に差はありませんが、不動産屋の販売力などでけっこう大きな違いが出てきます。

 

査定額が高いにこしたことはありませんが、他の不動産屋とあまりに差がある場合は要注意。業者の査定が間違っている場合もあるからです。また悪質な不動産屋の場合、取引実績数を増やす目的だけで、売る気がない場合もあります。

 

不動産屋の能力の問題もあります。不動産屋選びを間違うと、査定で損をしたり、いつまでも売れず不良物件イメージがついてしまう危険もあります。

 

不動産屋には得意・不得意もあるので、複数の不動産屋の中から最適だと思われる業者を見つけることが重要です。そのために実際に不動産屋にあって担当と話をすることも、有利に家を売るために大切な作業となります。

 

良い不動産屋の見分け方

 

良い不動産屋さんを見分けるコツとしては、まず「業界団体に加盟しているかどうか」「営業年数が長いかどうか」をチェックします。またネットや近隣の評判などでマイナス情報がないかどうかも確認してください。

 

他にも電話の応対や、会った時の店舗や担当者の雰囲気、話し方や説明の仕方などが適切か、誠実かどうか等も判断をしていく必要があります。担当によっても違ってくるので、気になる点があれば妥協せずに「この会社、この人なら」を見つけてください。

 

今は査定でも一括査定ができる便利なサイトもあるので、そうしたサイトを利用すると同時に、不動産屋情報もチェックして、「ここ!」と思ったら実際に会ってみて、真摯に向き合って家を売ってくれる、よきパートナーを選んでください。