不動産任せにしないで、複数査定でより有利な売却を!

家を売る時にまず押さえておく必要があるのが「売却価格の相場」です。なにも知らずに不動産会社に任せると、先方の条件最優先で進められ、思いがけない損をしてしまう場合も多々あります。

 

相場より安く手放すことになったり、何年も売れなかったりして、「人生設計狂った」という声も聞かれますから、くれぐれも注意したところです。

 

売却価格の相場を知っておけば、不動産屋の査定が妥当かどうかも判断できますし、住み替えの場合、資金計画も立てやすくなります。

 

市場の相場を知らずつい過度な期待をすると、何年も売れず、すでに新しい家を購入している場合などは、資金繰りがうまくいかなくなってあせって格安で手放す羽目にもなりかねません。

 

家売却の相場の調べ方

 

相場を調べるといっても難しいことはありません。近隣の不動産の張り出しや、チラシなどからも大体の傾向はつかめます。土地の相場は国土交通省の土地総合情報で毎年3月に公表されているので、国交省のサイトで相場を調べることができます。

 

今なら不動産売買サイトで簡単に同エリアでの取引実績で大体の価格がわかりますし、無料で査定してくれるサイトも多々あります。

 

また新築物件が増えてるかどうかなども影響します。その場合は新築との差別化がポイントになります。近くに大きなスーパーができる、等住環境に関連するプラス事項も知っておくと有利ですね。

 

複数の不動産会社に査定を依頼

 

もう1つ大切なのが、複数の不動産会社に査定を頼むことです。1社に相談して査定額が低くても諦めないでください。不動産業者によって、得意・不得意がありますし、エリア的なネットワークの違いもあるので、査定額にけっこう大きな差が出ることはよく知られています。

 

上下10%程度の開きがあるともいわれています。高額な取引だけに数%でも見過ごせませんね。売却時には経費もかかるので、そうしたことも考えて少しでも高い査定を獲得してください。

 

複数の不動産会社を利用することで、売買関係の情報を入れることもできますし、様々な担当者にも会えるので、気持ちよく取引でき信頼できる業者・担当者を見つけることもできます。

 

一生物の大切な取引、悔いのないように備えてくださいね。